百貨店経営のリウボウインダストリー(那覇市、糸数剛一社長)は28日から、カバンの人気ブランド「PORTER」を手がける吉田(東京、吉田輝幸社長)と琉球紅型、首里織、琉球絣をアクセントに使ったトートバッグ、リュックの計720個をデパートリウボウ1階で販売する。大きさや色のバリエーションで計11種。4月3日までの限定販売。

琉球紅型、首里織、琉球絣を使ったトートバッグ、リュックをPRする(右から)野原理事長、安座間理事長、屋富祖理事長、糸数社長、吉田の桑畑晃取締役本部長ら=27日、デパートリウボウ

 沖縄の伝統工芸と吉田カバンのコラボ商品「RYUKYU×PORTER」の第3弾で、リウボウと広告代理店「BBDO J WEST」(福岡)が合同で企画した。

 前回までの琉球紅型、首里織に、琉球絣が加わった。新たに商品化されたリュック(限定90個)はポケットの裏地などに伝統柄を使用。帆布地のトートバッグ(同630個)は持ち手などに伝統柄をあしらっている。

 価格(税込み)はリュックが2万4300円、トートバッグは大きなサイズが2万520円、中が1万8360円、小が1万6740円。

 関係者が27日、リウボウで商品発表の記者会見を開いた。琉球絣事業協同組合の野原八重子理事長は「着尺以外の2次商品の開発に力を入れている。今後もニーズに合わせた柄を提供していきたい」と強調。琉球びんがた事業協同組合の屋富祖幸子理事長、那覇伝統織物事業協同組合の安座間美佐子理事長も「地元で日常的に使ってもらい、将来は県外・海外に広げられるよう期待している」と述べた。

 リウボウの糸数社長は「生産個数に限界はあるが、とても人気が高い商品。今後は開催頻度を増やしたり、コラボする伝統工芸のバリエーションを増やしたり、新たな展開を検討したい」と語った。