イオン琉球(南風原町、佐方圭二社長)は29日から、那覇市久茂地のタイムスビル1階エントランスでかりゆしウエアの特別販売会を開く。10メーカーから約50柄を展開。全品税込み金額から2割引きの特別価格で販売する。午前9時~午後7時。30日まで。

さまざまな柄のかりゆしウエアが並ぶ会場=28日午後、那覇市久茂地・タイムスビル1階エントランス

 価格は税別3980円~2万5千円で、品ぞろえの中心は7千円前後。昨年に続き、幅広いシーンに合う「ネイビー」カラーをシンボルにすえた。同社衣料商品部メンズマネージャーの神里徹さんは「ネイビーは品があるコーディネートができる」と勧めた。

 昨年まではシンプルな柄が人気を集めたが、今年はダイナミックな柄や幾何学模様、動物が隠れた柄など、幅広く売れているという。神里さんは「かりゆしの個性の豊かさを感じてほしい」とした。

 会場にはシャツと合わせやすいスラックスや革小物、肌着もそろえ、トータルでの着こなしを提案する。県内のイオン6店でも展開する。