沖縄県の翁長雄志知事が28日、沖縄防衛局へ名護市辺野古の新基地建設に伴う汚濁防止膜設置工事を中止するよう指示したのは、岩礁破砕の許可条件さえ守らず、工事を強行する防衛局の不誠実な姿勢を明示する狙いがある。