ウェブサイト「泡盛新聞」を運営する醸界(比嘉大代表)は、利用者の好みに合う泡盛を提案する「泡盛ソムリエシステム」を開発している。観光客ら2千人から集めた試飲調査を基に制作。世代や性別、出身地ごとに100銘柄を順位づけ、泡盛になじみの薄い人の特性をデータ化した。