県が新基地建設工事の中止を指示した翌日の29日も、沖縄防衛局は名護市辺野古のキャンプ・シュワブ沖で作業を続行した。海上保安庁はこれまでと違い、進入防止用フロートの外でも市民の抗議船やカヌーの拘束を繰り返した。市民は「防衛局が違法な工事をして、海保が加担する。国の横暴が加速している」と猛反発した。