名護市辺野古のキャンプ・シュワブゲート前で30日午前、新基地建設に反対する市民ら約70人を機動隊が排除し、午前9時までにパワーショベルやプレハブを載せた工事関係車両計27台が基地内に入った。市民らは機動隊員や作業車両に向かって「米軍基地をつくるのが仕事か」と抗議の声を上げた。

機動隊員に排除される市民=30日午前8時56分、名護市辺野古のキャンプ・シュワブゲート前

 一方、海上では新基地建設に反対する市民が乗るボートやカヌーの拘束があった。午前中、コンクリートブロック3つの投下が確認された。