3月24日、勝連の離れ磯に立った釣りクラブA.F.C会長の山城善成さん。新たにメンバーに加わった後輩と一緒に合計4本の竿(さお)をセットした。 回遊してくるのは大型のガーラ(ロウニンアジ)。満潮前後の3時間が最大のチャンス。今回、餌に新鮮な魚の切り身を使用することにした。

この記事は会員限定です。
しまパス会員(無料)に登録すると、続きをお読み頂けます。