沖縄県名護市辺野古の新基地建設を巡り、県は、無許可状態のまま大型アンカーなどの海中投下が確認された場合、岩礁が破砕されているかを調査するため米軍へ臨時制限区域内への立ち入りを求める考えだ。だが、2015年に調査目的で立ち入りを求めた際は、許可まで半年を要した。