市民参加で造った帆かけサバニの進水式が2日、沖縄県名護市21世紀の森ビーチで開かれた。名護では約60年ぶりという造船作業は、サバニ文化を広めるため公園の一角で公開。多くの人が作業を手伝い、若手大工が経験を積む場にもなった。名護湾にサバニが浮かぶ風景を取り戻そうと、市も支援を検討している。

名護湾を進む新造のサバニ=2日、名護市21世紀の森ビーチ

サバニを囲んで記念撮影する進水式の参加者=2日、名護市世紀の森ビーチ

名護湾を進む新造のサバニ=2日、名護市21世紀の森ビーチ サバニを囲んで記念撮影する進水式の参加者=2日、名護市世紀の森ビーチ

 長さ約7・5メートルの真新しいサバニが海に出ると、見守った約100人から拍手が起きた。代わる代わる体験乗船も楽しんだ。

 参加者の笑顔に、初めて一から建造を手掛けた長嶺誠さん(36)は「木の船には人を集める力がある」と実感した様子。「このまま朽ち果てるまで使ってほしい」と願った。

 建造期間は約3カ月。宮崎県日南市産の飫肥杉(おびすぎ)などを切り、曲げ、鉄くぎを使わず仕上げた。助手の武林多加志さん(56)は「見学の人に差し入れをもらったり、昔のサバニの話を聞かせてもらったり。名護の温かさに触れた」という。

 愛好家グループ「フーカキサバニ」の活動に共鳴して舟を発注したのは、東京でIT企業を経営する佐藤道明さん(51)。「舟がどう育っていくかが楽しみ。何しろうれしいです」。出来上がった舟も託す。

 フーカキサバニ代表の森洋治さん(58)は「舟は乗ってなんぼ。どう生かすかが楽しみでもあり、課題でもある」。サバニレースや、遠洋航海にも使いたいと考えている。

 フーカキサバニにはあと2隻の注文があり、これも名護で建造する予定。進水式に立ち合った稲嶺進市長は「サバニが名護湾を滑走する風景は、街に新しい魅力を提供してくれる」と期待した。もっと気軽にサバニを楽しめるよう、後押ししていく考えだ。

 体験乗船で新旧の舟を乗り比べた南城市の平岡えん青君(9)は「新しい方が軽いみたいで、スピードが出て楽しかった」と話した。