韓国の格安航空会社(LCC)ティーウェイ航空が2日、大邱(テグ)(韓国)-那覇を新規就航した。大邱から到着した初便には185人が搭乗。ミス沖縄コバルトブルーの町田満彩智(まあち)さんらが那覇空港の国際線ビルで出迎え、ティーウェイ航空日本地域本部長のパク・ジェマン氏に花束を贈った。

ミス沖縄コバルトブルーの町田満彩智さん(上段右端)らに迎えられたティーウェイ航空の乗客=2日、那覇空港国際線ビル

 同航空は10月28日まで週5往復の運航を決めている。4月5日から5月3日までの間は週6往復に増やす。同路線の定期就航は初めてで、同社の沖縄関係路線としては仁川(韓国)-那覇に続き2路線目。大邱からは、成田、福岡、大阪、台北(台湾)、上海(中国)、グアム、香港、セブ島(フィリピン)、済州島(韓国)の9路線を運航している。