アサヒオリオン飲料(浦添市、川合聡社長)は4日から、果実飲料ブランド「沖縄バヤリース シークヮサー」を発売する。沖縄本島北部産のシークヮーサー果汁3%をブレンドし、保存料や人工甘味料はゼロ。原料はJAおきなわ(那覇市、大城勉理事長)が供給する。果汁本来の爽やかな酸味と甘さが味わえる。

「沖縄バヤリース シークヮサー」

沖縄バヤリースシークヮサーをPRするアサヒオリオン飲料の川合聡社長(左から3人目)とJAおきなわの大城勉理事長(同2人目)ら=那覇市、JA会館

「沖縄バヤリース シークヮサー」 沖縄バヤリースシークヮサーをPRするアサヒオリオン飲料の川合聡社長(左から3人目)とJAおきなわの大城勉理事長(同2人目)ら=那覇市、JA会館

 調査で、飲みたい果汁としてニーズが高かったため商品化を決定。果汁を3%に抑えることで強い酸味を抑え、ベストな味わいを実現したという。12月までに500ミリリットルボトル換算で約100万本分を生産する。県内を中心に販売し、ファミリー層をターゲットにしている。

 那覇市のJA会館で3日、商品発表があり、川合社長は「酸味と甘さがベストバランスの爽やかな味を楽しんでほしい」とPR。大城理事長は「沖縄の夏に合うドリンク。県産シークヮーサーの認知度向上に向け、需要を喚起していきたい」と話した。

 希望小売価格は500ミリリットルボトルが140円、350グラム缶は115円。同社は、グアバ、マンゴーの飲料も同時発売する。