西原南小学校(沖縄県西原町)で3月15日、小学6年生の給食バイキングがあった。町で15年ほど前から続いている行事で、この日の特製メニューはマンビカー(シイラ)の姿揚げやスパゲティ、ケーキなど9品。子どもたちは列に並んで好きなメニューを皿に取り、普段より豪華な給食を楽しんだ。

月桃の葉に盛り付けられたマンビカーの姿揚げを皿によそう児童=3月15日、西原南小学校

 スパゲティを大盛りで皿によそった上間安人君(12)は「一番好きなメニュー」と笑顔。「あと5杯くらいおかわりできそう」と育ち盛りをアピールした。

 久貝晃矢君(12)は「納豆とかネバネバする食べ物がちょっと苦手だけど、今日のメニューは全部食べられる」と待ちきれない様子だった。