政府は7日、陸上自衛隊に導入するMV22オスプレイが、在沖縄米軍施設や自衛隊施設を使用する可能性について、「具体的な訓練等の計画は決まっていない」とする答弁書を閣議決定した。糸数慶子参院議員の質問主意書に答えた。

(資料写真)民家の屋根をかするように低空飛行する米軍オスプレイ

 将来的な在沖米海兵隊のグアム移転後、海兵隊の施設を自衛隊が使うかどうかについても「決定していない」と明言を避けた。

 在沖米軍施設の自衛隊による使用を巡っては、在沖米軍トップのニコルソン四軍調整官が3月に「将来的にはキャンプ・シュワブを自衛隊のオスプレイが使用すべきだ」「共同使用は沖縄の全基地で可能だ」などと発言していた。