チームTOUGH ROUGHの仲地宗仁さんが慶良間のタッチューに渡った。大物の回遊魚を仕留めるために用意したタックルは、急流でも確実に深層を泳がせて、魚の目にもアピール可能な仕掛け。アイマの魚道ヘビーサーファーは、主に本土のサーフからヒラメ等を狙うことを目的に開発されたミノータイプのルアー。

この記事は会員限定です。
しまパス会員(無料)に登録すると、続きをお読み頂けます。