自民党沖縄県連は米軍普天間飛行場返還問題に対する新たな方針として名護市辺野古への移設容認を打ち出し、同飛行場の早期返還実現の路線へ回帰した。 大きな理由の一つは、国と県の「辺野古違法確認訴訟」最高裁判決が仲井真弘多前知事の埋め立て承認が違法でないとして県が敗訴したことだ。