自民党の二階俊博幹事長は7日の会見で、沖縄県連が辺野古移設容認の方針を明確にすることについて「党本部として誠心誠意、努力をして県連にも理解をしてもらったことは結構なこと」と述べた。二階氏は「沖縄の問題は歴史があり県民には複雑な思いがある。