「日本で一番早い夏の花火大会」と銘打った琉球海炎祭(同実行委員会主催)が8日、沖縄県宜野湾市真志喜のトロピカルビーチであった。音楽に合わせ、夜空に1万発の花火が打ち上げられた。県内外や海外から約1万5千人の観客が集まり、大きな拍手と歓声も上がった。

音楽と調和した1万発の花火が夜空を彩った琉球海炎祭=8日、宜野湾海浜公園(下地広也撮影)

 毎年海開きの時期に開かれ、今年で14回目。流行のポップミュージックや沖縄音楽などとともに色鮮やかな花火が咲き乱れた。世界的デザイナーのコシノジュンコさんが描いたデザインを基にした幻想的な花火も、砂浜に所狭しと座る観客を魅了した。

 豊見城市から両親と初めて来た小学4年の大城杏樹さん(9)は「音楽と合っていて、踊りたくなるぐらい楽しかった」と喜んでいた。