サッカーの第22回タイムス杯争奪県選手権・第97回天皇杯全日本選手権県予選(主催・県サッカー協会、共催・沖縄タイムス社ほか)の決勝戦が9日、県総合運動公園陸上競技場で行われ、J3のFC琉球が九州リーグの海邦銀行SCを6―1で下し、6年連続10度目の優勝を飾った。

 FC琉球は23日午後1時から、同競技場で愛媛県代表のFC今治(JFL)と天皇杯1回戦を戦う。