沖縄県名護市辺野古の新基地建設で、沖縄防衛局は20日にも、埋め立て工事の最初の工程となる護岸建設に着手する。捨て石の搬入路などを整備しているキャンプ・シュワブ北側の護岸から着手するとみられる。調査設計から、汚濁防止膜設置などの準備を経て、本格的な海上工事がスタートとなる。