沖縄食糧グループのおにぎりやライスグラノーラをお得な価格で提供する「ごはん処 でいご食堂」が12日午前、那覇市の沖縄タイムスビル1階でオープンし、出勤前の会社員らが手作りおにぎりなどを味わった。14日までの3日間、朝食と昼食を提供する。

午前7時30分にオープンした「でいご食堂」で、玄米や白米のおにぎり、ライスグラノーラの朝食を食べる来場者=12日午前8時すぎ、那覇市久茂地・タイムスビル

「でいご食堂」で販売される朝食メニュー、「おにぎり処 越後」のおにぎり2個とみそ汁のセット

「でいご食堂」で販売される朝食メニュー、ライスグラノーラのセット

午前7時30分にオープンした「でいご食堂」で、玄米や白米のおにぎり、ライスグラノーラの朝食を食べる来場者=12日午前8時すぎ、那覇市久茂地・タイムスビル 「でいご食堂」で販売される朝食メニュー、「おにぎり処 越後」のおにぎり2個とみそ汁のセット 「でいご食堂」で販売される朝食メニュー、ライスグラノーラのセット

 朝食メニューは「おにぎり処 越後」のおにぎり2個とみそ汁のセットのほか、ライスグラノーラとヨーグルト、フルーツ、サラダ、コーヒーのセットで、いずれも300円。テークアウトも可能。

 外で朝食を楽しむのが好きだという那覇市の自営業、片山久美さん(38)は「おにぎりがふっくらしておいしい。具が選べるのが楽しかった」と満足そうに話した。

 昼ご飯の部は午前11時半~午後3時。味噌めしや「まるたま」の定食、みそ汁亭「秀」牧港店の定食の2種類があり、いずれもアイスクリームとライスグラノーラのサービス付きで500円。

 同社米穀部の石垣喜也さんは「朝食を食べる人が減っている。ご飯をしっかり食べ、1日の活力を付けてほしい」と笑顔。「お昼はご飯のお代わり自由なので、みそ汁と一緒に楽しんでほしい」と話した。問い合わせは同社、電話098(877)2323。