沖縄食糧グループが12日から、那覇市久茂地のタイムスビルで開いている「でいご食堂」の来店客が1千人を突破した。朝7時半からの朝食の部は出勤前のサラリーマンやOLが利用。昼食の部もにぎわい、2日間で1300人が炊きたてのご飯を味わった。14日まで。

米とふりかけの組み合わせを自由に選び、味の違いを楽しむ来場客=13日、那覇市久茂地・タイムスビル

 朝ご飯の部は午前7時半から10時まで。「おにぎり処 越後」のおにぎり2個とみそ汁セットと、ライスグラノーラとヨーグルトなどのセットがあり、いずれも300円。

 午前11時半から始まる昼ご飯の部は午後3時まで。無添加具だくさん味噌みそ汁、白みそ汁のどちらかにご飯とおかずがついて500円。金芽米、玄米、白米から選べる。

 宮良長樹店長は「おかわり自由なので、3種類のご飯を食べ比べてみて」と話した。