【東京】沖縄タイムス社は13日、2018年3月に卒業予定の首都圏の学生らを対象にした合同企業説明会「タイムス就職フォーラムin東京」を都内で開いた。金融、観光、ITなど県内企業12社がブースを設置。スーツ姿の学生41人が参加し、採用担当者らの話に耳を傾けた。

企業の採用担当者(左)から話を聞く学生ら=13日、東京・神田の錦三ビル

 宜野湾市出身の立正大4年、神里悠美さん(21)は沖縄に戻っての就職を視野に、4社を回った。「IT企業を中心に考えているが、東京から発注を受け、沖縄で高品質の仕事ができる『ニアショア』を売りにしている企業が多く、参考になった」と話した。

 合同企業説明会は14日に京都市でも行われる。