沖縄県は6日、琉球法律事務所弁護士の竹下勇夫氏(65)を県の法律顧問に再任した。 行政上の諸問題や名護市辺野古の新基地建設への対応について助言役を担う。県庁で委嘱状を交付された竹下氏は、辺野古の埋め立て承認処分の撤回について、「新たなステージに入る。