国、県、県企業局管理の県内11ダムの貯水率が13日午前0時時点で49・3%に下がった。平年値を18・9ポイント下回っている。50%を割るのは2009年5月以来、8年ぶり。

 県企業局によると、昨年4~6月は満水だった。「昨年10月から小雨傾向が続いている影響とみられる。ただ、冬から梅雨時にかけては例年雨が少ないので、梅雨の雨量などを見て今後の対策を検討する」と話した。

 沖縄気象台によると、今週末から1週間は湿った空気や前線の影響で曇りや一時雨の日が多く、降水量は平年並みの見通し。