シンガー・ソングライターのEPO(エポ)が1日、南城市のガンガラーの谷ケイブカフェでライブを開いた。鍾乳洞内のステージで、伸びやかな歌声を民族楽器などのアコースティックな調べに乗せた幻想的な雰囲気で、県内外からのファンを魅了した。 地下の会場はひんやりとした空気が漂う空間。

この記事は会員限定です。
しまパス会員(無料)に登録すると、続きをお読み頂けます。