沖縄県警捜査幹部は15日、米軍キャンプ・ハンセン内の安富祖ダム工事現場で発覚した米軍の流弾と見られる被害について、刑事事件での立件は「厳しい」との見解を示した。