小林流空手道究道館の泉崎教室、牧志教室、タイムスカルチャースクールの合同練習が15日、豊見城市の沖縄空手会館であった。幼稚園児から中学生まで47人の小さな空手家たちが、空手の「聖地」で汗を流した。 さまざまな帯の子どもたちは「ヤーッ」という元気な声を響かせ、力強い突き、蹴りを披露。

この記事は会員限定です。
しまパス会員(無料)に登録すると、続きをお読み頂けます。