【久高泰子通信員】フランス美術界を代表する第19回アートパリ国際アートフェアが3月30日~4月2日、パリのグラン・パレで開催された。沖縄出身のアーティスト幸地学さんも11個のブロンズ彫刻と12個のアルドワーズ(石板)絵画作品を展示。情緒豊かでポジティブでエネルギッシュな作品は、一般鑑賞者をはじめプロの美術収集家や専門家からも高い評価を受けた。

高評価を受けた幸地学さん(右)や鑑賞に訪れた木寺昌人大使、夫人ら=フランスのグラン・パレ会場ブース

 幸地さんは「画廊オーナー、クロード・ルマンを介して、僕の作品が国際的に確実に評価されている。自信が備わってきた今、さらにオリジナル作品を作り、人々の心に共鳴される作品を世界に提供したい。それが僕にとっての世界のウチナーンチュと思われる」と述べた。

 会場には29カ国から139の画廊が、現代アートの最先端をいく作品を展示即売した。フランス全土や海外から美術愛好家やマスコミなど延べ5万人が来場し、にぎわった。

 木寺昌人駐フランス大使も訪れ、幸地さんの作品を鑑賞。「幸地さんの長年にわたるフランスでの活躍は日仏交流の促進に貢献する」と称賛した。

 小学生たちが幸地作品の前で座り、引率者の説明を熱心に聞く姿も。メディア関係では、アートアブソルモン美術雑誌や、アラブ世界を代表する新聞アラヤットの1面にブロンズ彫刻の写真が紹介された。

 国際美術シーンにおける数少ない日本人アーティストの中でも、県出身の幸地さんが堂々と活躍していることは県人として大変誇らしく、今後のさらなる飛躍を期待したい。

 アートパリは、美術の国際性を高める目的で、毎年いろいろな国や地域の現代アートを招待している。今年はアフリカが招待国。貧困、内戦、宗教対立、人種差別など不安定な状況にもかかわらず、彼らの作品には強いアフリカのリズムが表れていた。