【ジョン・ミッチェル特約通信員】2014年の米軍キャンプ桑江立てこもり事件の詳細が、本紙が入手した捜査報告書で明らかになった。海兵隊員の男は「入ってきたら傷つく」「確実に自殺したかった」などと語った。同僚から見ても不安定な精神状態のまま、ライフルと銃弾を持って民間地を移動していた。