【中部】恩納村の米軍キャンプ・ハンセン内の安富祖ダム工事現場で米軍の銃弾とみられる物が見つかった事件で、長浜善巳村長と安富祖区の宮里勇区長らは17日、沖縄防衛局と米軍キャンプ瑞慶覧を訪れ、事件に抗議し、原因究明と再発防止を求めた。

米軍の銃弾とみられる流れ弾が見つかった事件について抗議する恩納村の長浜善巳村長(左から2人目)=17日、沖縄防衛局

 沖縄防衛局で長浜村長は「一歩間違えれば人命に関わる大きな事故が予想された」と抗議。民家や農作業をしている場所が近いことを指摘した上で「今後このようなことが起こらないよう原因究明と再発防止を強く求める」と要請した。

 中嶋浩一郎局長は「関係者、周辺住民に不安を与えたことはおわび申し上げる。米軍もすでに調査を開始しており、原因究明と再発防止を米国とともにやっていきたい」と答えた。

 要請後、長浜村長は「工事はいまストップしていて、流れ弾が飛んできたであろう演習場もストップしている状態だと聞いている」と説明した。

 一方、米海兵隊の太平洋基地政務外交部長のスコット・コンウェイ大佐は「住民と工事関係者に恐怖と不安を与えてしまった。申し訳ない」と謝罪し、「原因究明されるまでは射撃訓練をしない」と説明したという。