参院選沖縄選挙区の最終投票率は54・46%で、前回(2013年)を1・03ポイント上回った。公職選挙法の改正で選挙年齢が「18歳以上」に引き下げられた初の参院選となり、有権者全体の関心が高まったことが要因とみられる。当日有権者数は115万806人(男性56万368人、女性59万438人)だった。

 那覇市は55・63%で前回より3・96ポイント低下。沖縄市は52・11%で2・11ポイント上昇した。投票率の11市平均は前回比0・53ポイント増の53・80%。町村部は2・76ポイント増の56・73%だった。

 男女別では男性が前回比1・23ポイント増の54・20%、女性が0・85ポイント増の54・71%だった。