【東京】安倍晋三首相は10日、東京都の自民党本部でNHKなどの番組に出演し、新基地建設について「住宅地や学校に取り囲まれた普天間飛行場の固定化は誰も望んでいない。早期の移転を進めていきたい」と述べ、沖縄選挙区での島尻安伊子沖縄担当相の落選にかかわらず従来通り辺野古移設を進める考えを示した。

 その上で「国と沖縄が角を突き合わせている状況は誰も望んでいない。政府と県が合意した和解条件に従って進めていきたい」と述べた。

 島尻氏の落選については「島尻大臣は沖縄の発展のために尽くしてきた。大変残念な結果になった」と語った。島尻氏の参院議員としての任期は残っているとして、内閣改造の時期については明言を避けた。