美里工業が「強気の打撃」で土壇場の九回に逆転、7-6で粘る宜野座を振り切った。強打の宜野座打線の「タイミングを外す」ため、先発に漢那憲琉を起用、四回途中でエース辺土名海に継投するなどした神谷嘉宗監督の采配も奏功した。