名護市と沖縄ワタベウェディング(小岸弘和社長)は7日、七夕の日に1組のカップルに無料の挙式をプレゼントする「七夕プロジェクト」を市喜瀬の喜瀬ビーチパレス内チャペルで開いた。10組の応募の中から選ばれた市内の金城和輝さん(31)、亜由美さん(31)夫妻が、親族らに祝福され永遠の愛を誓った。

親族と共に記念撮影する新郎の金城和輝さん(前列左から2人目)、新婦の亜由美さん(同3人目)=7日、名護市・喜瀬ビーチパレス

 結婚式を挙げていないカップルにリゾートウエディングを体験してもらおうと、市と同社が初めて企画した。7日までに婚姻届を出し、市役所に設置している短冊に願いを書いて応募した人の中から1組が選ばれた。

 2人は5年前に結婚し、現在は娘の里愛菜ちゃん(4)、息子の昇輝ちゃん(2)との4人家族。7日は和輝さんの誕生日だったこともあり、亜由美さんが「式をプレゼントしたい」と応募した。

 決定の連絡は式前日で、当日に衣装を選び、ヘアメークをして臨むという“サプライズ結婚式”。海の見えるチャペルには親族らが駆け付け、誓いのキスや、短冊に願いを書く2人の姿を見守った。

 「まさか式ができるとは思っていなかった」と亜由美さん。「これからも家族皆で幸せに過ごしたい」と誓った。亜由美さんのドレス姿を見た和輝さんは「いいんじゃない」とはにかみ、「僕が一番(式を)楽しんでいたかも」と笑った。

親族と共に記念撮影する新郎の金城和輝さん(前列左から2人目)、新婦の亜由美さん(同3人目)=7日、名護市・喜瀬ビーチパレス