沖縄コーヒー協会(近藤正隆会長)が17日、協会設立記念フォーラムを那覇市内で開いた。パネリストは、亜熱帯気候や弱酸性土壌の沖縄でのコーヒー栽培は6次産業化や観光農園が成功する可能性が十分にあると紹介し、栽培や焙煎(ばいせん)の仕方、飲み方などを研究する重要性を強調した。

県産のコーヒー豆を試食する来場者たち=17日、那覇市・牧志駅前ほしぞら公民館

コーヒー豆

県産のコーヒー豆を試食する来場者たち=17日、那覇市・牧志駅前ほしぞら公民館 コーヒー豆

 協会副会長を務める6次産業化プランナーの田﨑聡さんは、100年前からコーヒーを栽培している沖縄が国内で露地栽培ができる北限に位置することを説明し、「風に弱いがハウスや防風林など台風対策をしっかりして、飲み方など提案できれば6次産業になる」と訴えた。4年前からコーヒー栽培を続ける近藤会長は「東京での試飲会は好評で、収穫祭ツアーも評判だった。次は5~6月に花見ツアーを考えている」と紹介。「沖縄をコーヒーアイランドにしたい」と意気込んだ。

 県内には約40農家がコーヒーを栽培、約500キロの豆を生産している。