高さ5メートルほどのガジュマルが、沖縄県南風原町照屋の民家の2階部分から伸びている。自営業大城盛徳さん(75)宅で、「建物に根を張り、ここまで成長した木は珍しいはず」と話す。

建物から伸びる高さ5メートルほどのガジュマルと大城盛徳さん=18日、南風原町照屋

 妻の侑子さん(74)が1989年、植木鉢に入った高さ約30センチのガジュマルを購入。自宅に隣接する倉庫の上に置いたところぐんぐん成長し、根も伸びて地面に届き、朝晩は鳥がさえずるという。

 近くに電線があり、横に伸びすぎないよう手入れする盛徳さん。ご近所の人たちが「毎日緑が見られる」と喜んでいるといい、「もっと成長させたいね」と目を細める。