【連載「働く」を考える】 沖縄の「自立経済の構築」を目指してきた県の経済政策は社会資本の整備が進んだ1990年代以降、「企業誘致」が重要なテーマになった。それが情報通信(IT)関連産業の創出や製造業誘致のための基盤整備につながった。