嘉手納署は19日、酒気を帯びた状態で軽自動車を運転したとして、読谷村文化振興課長で村立歴史民俗資料館館長の男(55)=同村=を、道交法違反(酒気帯び運転)の疑いで現行犯逮捕した。調べに対し、「酒は抜けたと思っていた」と容疑を否認している。

 逮捕容疑は19日午前7時ごろ、読谷村楚辺で、酒気を帯びた状態で車を運転した疑い。

 パトロール中のパトカーが、飲食店が入居するテナントビルの駐車場から出てきた容疑者の車に停止を求め、酒のにおいがしたため、呼気検査をしたところ、基準値の約2倍のアルコールが検出された。