「育児の日」の19日、沖縄県の翁長雄志知事は県「イケ!ボス」宣言を県庁内で放送し、「仕事に全力で取り組み、私生活も率先して楽しむイケてるボス」になることを職員に誓った。

「イケ!ボス」宣言の宣言書を掲げる翁長雄志知事=県庁(県提供)

 職員一人一人が仕事と私生活の両立を図れるよう全力で応援するとともに、組織として県の発展に貢献するとした。本年度からの県の「働き方改革元年」の取り組みの一環。

 宣言では仕事と私生活を両立できる職場環境づくりや多様な働き方の応援、計画的な休暇取得や「ノー残業」推進に取り組み、職員が県庁で働いて良かったと実感できる「イケてるボス」を普及するとした。

 放送で知事は自身の私生活にも触れ、「4畳半の芝を手刈りしていると無心になれる」と趣味の屋上緑化の話を紹介した。