【シアトル共同】米大リーグは19日、各地で行われ、マーリンズのイチローはかつて本拠地としていたシアトルでのマリナーズ戦に「9番・右翼」で先発出場し、九回に今季初本塁打を放つなど4打数2安打1打点1得点、1三振だった。本塁打はメジャー1年目から17年連続で、打点と複数安打は今季初だった。打点は通算761とし、ヤンキースなどでプレーした松井秀喜の日本選手最多記録を更新した。

 マリナーズ戦の9回、今季初本塁打を放つマーリンズのイチロー=シアトル(AP=共同)

 同僚の田沢は3番手で登板し、1回2/3を無安打無失点、2三振1四球だった。

 ヤンキースの田中はホワイトソックス戦に先発し、7回を6安打1失点、6三振2四球で2勝目(1敗)を挙げた。(共同通信)