沖縄タイムスの41市町村アンケートで、生活困窮や介護、金銭トラブルなどを背景に、死後も親族から関係を拒絶される65歳以上高齢者の姿が浮かび上がった。「無縁仏」は高齢者を中心に、今後ますます増えることが予想される。