国と沖縄県、宜野湾市などは20日までに、西普天間住宅地区の国際医療拠点構想の概要をまとめた。核となる琉球大学医学部・付属病院に、生物資源を利用した創薬研究の拠点や離島・へき地への医師派遣など地域医療水準を向上させる機能を持たせる。