フィギュアスケートの世界国別対抗戦第2日は21日、東京・国立代々木競技場で行われ、男子フリーで世界選手権王者の羽生結弦(ANA)が4回転ジャンプを4度降りて200・49点で1位、宇野昌磨(中京大)が198・49点で2位となるなど、日本は順位点によるチーム得点で81点として前日からの首位を守った。米国が78点で2位、ロシアが74点で3位。

 男子フリーで演技する羽生結弦=国立代々木競技場

 男子フリーで演技する宇野昌磨=国立代々木競技場

 男子フリーで演技する羽生結弦=国立代々木競技場  男子フリーで演技する宇野昌磨=国立代々木競技場

 アイスダンスのフリーは村元哉中、クリス・リード組(木下ク)が92・68点で6位だった。ペアのショートプログラム(SP)は須藤澄玲(神奈川FSC)フランシス・ブドローオデ(カナダ)組が54・84点で6位。(共同通信)