名護市辺野古の新基地建設で、沖縄県は21日、沖縄防衛局に対し、サンゴ類の環境保全対策について緊急の協議が必要と伝えた。環境保全図書で示した事業実施前のサンゴ類の移植が終了するまで、本体工事に着手しないよう求めている。