22日午前3時25分ごろ、沖縄市の高原交差点付近で、国道329号の一部が陥没した。沖縄署によると、午前3時40分現在の穴の深さは約1・5メートルで、長さ約1メートルの楕円(だえん)形。嘉手納国道出張所などによると、送水管から水が漏れた可能性が高いという。復旧工事のため交差点から約100メートルの区間で、コザ十字路向けと与那原向けの内側車線を交通規制している。作業は、終日かかる見通し。

国道329号でコザ十字路向けの内側車線が一部、陥没した=22日午前6時53分ごろ、沖縄市高原

国道329号でコザ十字路向けの内側車線が一部陥没し、復旧工事のため交通が規制されている=22日午前9時ごろ、沖縄市高原

国道329号でコザ十字路向けの内側車線が一部、陥没した=22日午前6時53分ごろ、沖縄市高原 国道329号でコザ十字路向けの内側車線が一部陥没し、復旧工事のため交通が規制されている=22日午前9時ごろ、沖縄市高原

 陥没したのはコザ十字路向けの内側車線道路の左端。沖縄総合事務局と県企業局が陥没の原因を調べている。