2017年(平成29年) 11月25日

沖縄タイムス+プラス ニュース

春の九州高校野球が開幕 興南、沖尚、美来工科がきょう22日初戦

 高校野球の春季九州大会(第140回九州大会)が22日、開幕した。主会場の沖縄セルラーパーク那覇では開会式が行われ、出場する18校が熱戦を誓った。沖縄尚学の木村哲汰主将は昨年発生した熊本地震にふれ「今ある環境が当たり前じゃないという事、たくさんの支えがあることを忘れず、感謝の気持ちを持ってプレーする」と選手宣誓を行った。

選手宣誓をする沖尚の木村哲汰主将=22日午前9時すぎ、沖縄セルラーパーク那覇

開会式で入場行進する選手たち=22日午前9時すぎ、沖縄セルラーパーク那覇

選手宣誓をする沖尚の木村哲汰主将=22日午前9時すぎ、沖縄セルラーパーク那覇 開会式で入場行進する選手たち=22日午前9時すぎ、沖縄セルラーパーク那覇

 初日は同球場のほか、コザしんきんスタジアムで1、2回戦5試合が行われる。開幕戦の興南―鹿児島実業(鹿児島2位)は、沖縄セルラースタジアム那覇で午前11時開始予定。同球場の第2試合では沖縄尚学―鹿町工業(長崎)の2回戦、コザしんきんスタジアムの第1試合では美来工科―九国大付(福岡3位)の1回戦が行われる。

 美里工業は23日、沖縄セルラースタジアム那覇の第2試合で熊本工業と2回戦を戦う。

【追記】初日は雨天順延となりました。

野球・ゴルフ・サッカー・バスケ・・・プロからアマまでスポーツ全記事、読み放題! >>「沖縄タイムス+プラス スポーツ」

あわせて読みたい

関連リンク

沖縄タイムス+プラス ニュースのバックナンバー

アクセスランキング

ニュース 解説・コラム
24時間 1週間
24時間 1週間

注目トピックス