名護市辺野古の米軍キャンプ・シュワブ前では22日、新基地建設に反対する市民ら約200人が抗議の声を上げた。

雨の中、座り込んで新基地建設に抗議する市民ら=22日、名護市辺野古、米軍キャンプ・シュワブゲート前

 昨年10月、東村高江のヘリパッド建設への反対運動中に逮捕され、21日夜、199日間ぶりに拘束が解かれた添田充啓氏から激励に対する感謝と公判に向けた決意がメッセージで届き、市民らは大きな拍手と指笛で喜んだ。

 シュワブ沖では午前中、作業の様子は確認されなかった。