【宮古島トライアスロン取材班】第33回全日本トライアスロン宮古島大会(主催・宮古島市など)は23日、与那覇前浜ビーチをスタートして宮古島全域の202・195キロ(スイム3キロ、バイク157キロ、ラン42・195キロ)で行われ、初出場のキャメロン・ブラウン(ニュージーランド)が7時間49分10秒で総合優勝した。女子は鷲津奈緒美(旧姓今泉、神奈川)が9時間4分8秒で、9年ぶり3度目の優勝を飾った。

長いレースを終え、家族や友人とゴールする選手たち=23日午後8時すぎ、宮古島市陸上競技場(金城健太撮影)

 1552人が出場し、制限時間の13時間30分以内に1263人が完走した。完走率は81・4%。スタート時の午前7時の天候は曇り、気温20・0度、北北東の風4・0メートルだった。