現職の島袋俊夫氏が一騎打ちを制し、3期目の当選を果たした。企業誘致や完全失業率の改善など2期8年間の政策実行力をアピール。これまでの実績と市政運営が評価され、勝利につながった。選挙戦では従来の経済振興策に加えて、待機児童の解消など子育て支援策の充実も強調したことで、無党派層まで幅広く支持を集めた。