ことし創立60周年を迎えるオリオンビールは、4月1日から名護工場(沖縄県名護市)で働く社員約160人の制服を27年ぶりにリニューアルした。

新しい制服に身を包む新垣壱馬さん(左)と長嶺慶美さん=オリオンビール名護工場

 以前の制服は社員から、「地味」「アイロンがけが面倒」と不評だった。制服は灰色から青色とし、素材もしわになりにくいポリエステル製のポロシャツタイプに変更した。ポケットをなくすことで落下物防止にも気を配った。

 製造部で働く新垣壱馬さん(23)は「動きやすく、見た目がすっきりしてかっこいい」。研究品質保証部の長嶺慶美さん(24)は「乾くのも早く洗濯が楽」と笑顔を見せた。